小原 古邨 筆 海浜春色図 

 

明治期にフェノロサの勧めで輸出用浮世絵版画の下絵を描き始めた古邨。その写実性と大胆な構図から、海外では多くのファンが生まれました。この絵は、浮世絵に携わる以前、日本画家として評価が高まりつつあった頃のものです。画面からは、狩野派などの古い技法や明治以降の新しい表現も感じられますが、波打ち際の表現などは、浮世絵版画の絵師への適性が感じられます。その後の古邨の評価を考えると、的確な助言を行ったフェノロサのすばらしさを再認識するとともに、それに答えた古邨への評価が、さらに高まることを期待したいところです。

 

 絹本 本紙 92×41㎝

    全体 174×55㎝

 

お買上げいただきありがとうございます。


小川芋錢翁草画帖 全4冊 美品 

   昭和14年12月から16年3月


価格  8万円

          外部リンク


東横ハウジング

守谷(茨城県南地域)の不動産は賃貸アパート専門の当社にお任せ下さい!

社会および文化の中における人形・玩具の価値を位置づけるため、情報や知識を交換し、研究を深め合うことを目的に設立された学会です

※価格はすべて税抜き価格で

 す。お買い上げの際は、別

 途消費税8%をお預かりい

 たします。また送料につき

 ましても、実費をご負担い

 ただきます。

 

商品につきましては、一点ごとに状態が異なります。状態の良いものを取り扱うよう努力いたしております。また販売時には詳しく説明させていただきます。気になる点がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

こちらに掲載した商品につきましては、店舗にての展示、販売もいたしております。ご注文が前後し、売却済となる場合がございます。ご希望の商品がございましたら、お問い合わせください。

 

 

 

ギャラリー東横